ファニーズ情報局

趣味に生きるイイオトナが、キュンってなったりグッときたりしてfunny

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「Forever! Girls Dead Monster's Beats!」 ガルデモライブ in なんばHatchでNPCのフリ!

まいどおおきに、亜呂真でござるよペロンチョペロリーン!!(錯乱気味)

いやぁ、行ってきましたよ、9月1日のガルデモライブツアーこと「Girls Dead Monster starring LiSA tour2010-Keep The Angel Beats!-」in なんばHatchに。

gdm_n4.jpg

まさかのアノ人登場とか、まさかの公演終了午後10時とか、まさかの終電無くなるとか・・・。結局大阪に一泊したさ!んでもって、そのまま大阪から朝一で出社さ(男泣き)!最後はそんな感じでバタバタでしたが、ライブ自体はスンバラスィーの一言でした。やっぱり”生”っていいね(なんかエロいな)!特にガルデモのようなロックは、ナマオトに限る!まぁ、興奮して偉そうなこと言うてますけど、今回のライブが人生2回目ぐらいなんですけどね。うわーん許してペロリンチョ(思考崩壊)。

そんなわけで、ガルデモライブの模様をレポりたいと思います。あつ~~い大阪の一夜をプレイバックプレイバック!


ド平日の早朝・・・。

新幹線に揺られるのは御歳30テマエのイイオトナ。周囲のスーツ姿のリーマンどもを横目に、iPodに入れたガルデモの楽曲の予習に余念のない私でございます。振り返ればこのサマー、脳みそをひっくり返しても仕事の思い出しかありません(赤坂には言ったケド)。「だけどせめてこのライブだけは・・・」とNPCの如く念じた結果、晴れて有休使って大阪までIYHできることと相成りましたで候。

さて、ライブは夜、物販も夕方から開始ということで、まだまだ時間にゆとりがあります。とりあえずと、日本橋に足を伸ばしてナニワのオタクタウン散策としゃれこむことにしました。とらのあなに寄ったりゲーマーズに寄ったりアニメイトに寄ったり・・・。それにしても行動パターンが東京行ったときと変わらn(ry・・・。

コホン、時刻はお昼を回ったところ。ポケットから携帯を取り出して「日本橋なう」などとヴァーチャルなつぶやきに興じていると、「ガルデモライブの物販列がすでにとんでもないことに」的なツイートを発見し、思わず「ホンマでっか!?」。だって、事前アナウンスによると物販開始は午後4時からですよ。まだ4時間近くありますよ!?この暑さですよ!?・・・ってそれはファンにとっては愚問なのかもしれません。いずれにしてもすでに60~70人が列を形成していることを知り、急きょ昼飯を手早く食べてライブ会場に向かうことにしたのです。

午後1時50分

ガルデモ物販列に合流なう。

gdm_n2.jpg

ええ・・・、すでに100人は並んでいると思います。炎天下の中、友人と談笑する者、携帯ゲームに興じる者、NPCの如く心を無にする者・・・。時間の過ごし方は様々なれど、気合の入り方は一様にすごいものを感じます。私はというと、ハンター試験会場に到着したレオリオの気分。新人つぶしのトンパさんみたいな人がいるのではないかと、ドキドキでした・・・。

午後3時30分

お前ら+オレの熱意に押されるかの如く、予定よりも早く物販がスタート。

gdm_n3.jpg

建物内に入れたときの安堵感といったら・・・。しかし、購入予定だったTシャツとタオルはすでに売り切れorz。何でも最初の数人で売り切れてしまったとか。このツアー自体が9公演目ということもあり、元々ストックが無かった可能性もありそうです。ナニワともあれ残念。

gdm_n5.jpg

しかし、追加公演限定のユイにゃんポーチ(サイリウム4本付き)とバンダナ、新曲「Day Game」などが付属するツアーパンフレットは無事確保!早速、ポーチを装備してライブ本番に備えます。

午後6時

ライブ本番の会場オープン。チケットの整理番号に従って入っていきます。自分はかなり後の方。現場にいた人に分かるように言えば、「階段待機組」でした。ようやく会場内に入れたときには、前の方はすでに埋まっていたので、後段の最前列付近にポジションを確保。そわそわしながら、開演のときを待ちます。

午後7時

ついにキタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!

「Little Braver」のワンフレーズから、「Thousand Enemies」で幕開けです!!早速ポキっとやったサイリウムを取り出し、序盤からテンション全開!!腕も全壊!!続く2曲目の「Alchemy」の出だしのリフには、鳥肌が立ちましたよ。心の中で「こんな序盤で?!」。

オレたちNPCにはちょっと刺激的過ぎる始まり方をしたライブですが、さらにLisaさんがたたみかけます。

「今日は追加公演です。いいですか、追加公演なんです!」

意味深なコメントに会場は大熱狂!これはサプライズがあるのか!?期待してもいいんですか!?

「皆さんご存知のように、ガルデモは私だけじゃないんです。今日はアノ人を呼んでます」

岩沢さん(marinaさん)キタワァ.*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!☆

やばいよ、ちょっと予想してたけどマジうれしいよ!!早くも消えかけたよ。Lisaさんが一旦ステージから去った後、marinaさんがAB!との出会いや岩沢さんへの思いについて語ってくれました。そして「My Song」を披露。なんかもうそこには岩沢さんがいましたよ。思わず息を呑んで聴き入ってしまう圧倒的な歌唱力に思わず心がジーン。ちょっと涙ぐんでしまいました。隣の人とかちょっと透けてましたからね(嘘)。名残惜しいですが、ここでmarinaさんとはお別れ。できれば、岩沢さんバージョンの「Crow Song」とか聴きたかったなぁ~。

ここからはゆったりとした曲が続きます。EDの「Brave Song」に「Morning Dreamer」、「一番の宝物」・・・。そして、ライブはフィナーレへと再び盛り上がりを見せます。

ライブ用に書き下ろされた「Day Game」、「Run with Wolves」、そして個人的にLisaさんとの掛け合いが一番盛り上がった「Crow Song」など・・・。合間のトークコーナーでは、Lisaさんが「やっぱり関西人の人はお好み焼きとご飯を一緒に食べますかー!?」と聴くと、一部の集団から「ごはんはおかずー!」というエコーが返ってきて思わず吹き出したわwwwww。だが、グッジョブ!お兄さん、嫌いじゃないぞ!!

ラストナンバーは「Highest Life」。サイリウムを横に揺らし、全員でコーラス。Lisaがステージから消えるや否や、今度は「アンコール!アンコール!」の大合唱。再びステージに光が灯ると、「Little Braver」でホントにホントの〆(しめ)!!最後は、Lisaさんがブログに上げるために会場全員で写真撮影をしました。まぁ、オレは後ろすぎて写っていませんでしたが・・・orz

ライブ終了は午後10時近く。これまでのライブの中で、最も長い公演だったようです。ガルデモは、翌日のツアー最終日をもって残念ながら解散となったようです。しかし、アニメの中でSSS(死んだ世界戦線)の陽動部隊として登場したガルデモが、まさか全国ツアーを敢行することになろうとわ!!いや、後半はもはやアニメの世界を完全に飛び出して、現実世界のロックバンド「ガルデモ」としてその存在感を放っていたといえるでしょう。ファンとしては、このような機会を作っていただいただーまえに感謝×2です。

ワタシが感じるガルデモの魅力を改めて書かせてもらうならば、それはmarinaさんとLisaさんという2人のボーカルはもちろんのこと、そのメロディアスな曲調にあると思うんですよね。特に、ボーカル2人の声とギターとが作るメロディが本当に良いハーモニーを作ってるんです。今後、またガルデモが復活する日を願いつつ、ボーカルを務めたmarinaさんとLisaさんの活躍を応援していきたいと思います。

gdm_n6.jpg


(文/写真・ライブ後、「My Song」を口ずさみながらスキップでホテルに向かった亜呂真)

| イベント | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏の終わりにけいおん!参り。赤坂ビッグバンの「けいおん!!」ギャラリーレポート

「疲れるほど働くな」わくさーーーーん(織田裕二風で)!!こんばんわ、亜呂真でござんす。

いやー、つい最近まで働かされっぱなしのザ・奴隷状態で、心と体に深い傷を負ったりもしましたが、今はどうにか立ち直ってます。意外とジョウブな我が肉体。

まーそんな過酷な労働メモリーでひと夏が過ぎ去ってしまうのもアレなんで、先週末の休みに東京は赤坂でやっているイベント「赤坂ビッグバン」のけいおん!!ギャラリーに行ってきました!!

k-on_bigbban1.jpg

アサイチの新幹線で上京し、赤坂到着が午前10時30分ぐらい。ソワソワしながら一目散に向かったのは、ここでしか売ってないけいおん!グッズ目白押しの「桜高購買部」デス。忘れもしない昨年末、横浜アリーナで行われたけいおん!ライブの物販で見た恐るべし物販列という名のシルクロード。その長さに唖然とした記憶があったので、最悪の事態も想定してできるだけ早く到着したかったのです。実のところ、炎天下の中で長時間並ぶことも覚悟の上でした。

k-on_bigbban3.jpg

ところが、待機列はあったものの意外なほど人が少なく、逆に拍子抜け。たぎっていた戦闘民族の本能も一気にしぼミング。まー、今日から始まったイベントってわけでもないしね。「これならお目当ての物も安心して買えそうだ」と一安心。

午前11時からの販売開始を待つ間、通りがかりの人からは「何この行列?あ、けいおん!かぁー」などの声。おおよそ、アニメなど見ていなさそうな人からも「けいおん!」という言葉が飛び出すところに、この作品のすごさを改めて感じたり。けいおん!、大鵬、玉子焼き、みたいな。

k-on_bigbban2.jpg

そんなこんなで、無事購入終了。自分はイベント限定Tシャツと京アニ先行販売のTシャツ、あとボールペンとねんどろいどチャームの唯、律、ムギを買いました。律とムギは友人のおみやげ用です。

ホクホク顔で向かった先は、今度こそけいおん!!ギャラリー。TBS本社ビルに向かいます。

k-on_bigbban4.jpg

k-on_bigbban6.jpg

なんと、けいおん!!ギャラリーだけは整理券を配布して時間帯によって入場制限していました。どんだけー。

k-on_bigbban5.jpg

しかも、整理券の入っていた箱はムギちゃんの沢庵の空き箱wこだわりを感じます。


そしていよいよ入場。スタッフが「それじゃあ15分の間自由に見てくださーい」と、ファンという名のケモノを解き放ちます。

k-on_bigbban17.jpg

ライブの感動再びキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

会場には、横浜アリーナでのライブ「Let's Go!」のときに出演者の皆さんが着ていた衣装と楽器が展示されていました。じゃあ順番に見ていきますか!(誰に言ってる?)

k-on_bigbban8.jpg

あっきょ(豊崎愛生さんね)とギー太!

k-on_bigbban10.jpg

ぴかしゃ(芸人・・・じゃなくて日笠陽子さんね)とエリザベス!

k-on_bigbban11.jpg

しゅが(佐藤聡美さん)とドラミ!

k-on_bigbban12.jpg

みなちゃん(脅威の10代(!)寿美菜子さん)とキー坊!

k-on_bigbban13.jpg

あやち(竹達彩奈さん)とむったん!

k-on_bigbban14.jpg

さわちゃーん!(なぜキャラ名・・・つーか真田アサミさんね)

k-on_bigbban15.jpg

うい~!(米澤円さん)

k-on_bigbban16.jpg

のどかちゃーん!(藤東知夏さん)


ふぅ・・・、そりゃあ撮るも撮ったでパシャパシャと。そりゃあもう不自然なぐらい!しかし、まだまだけいおん!ギャラリーはこんなもんじゃーねぇ!

k-on_bigbban18.jpg

ステージ衣装の展示ブースの反対側には、スタッフ&出演者のメッセージ色紙が!

k-on_bigbban19.jpg

キャラデザ&総作画監督の堀口悠紀子さん!唯かわいいよ唯!

k-on_bigbban20.jpg

監督の山田尚子さん!こちらの唯もかわいいよぉー!

k-on_bigbban21.jpg

声優さんの色紙ももちろんありましたよ。こちらは豊崎さんの。

k-on_bigbban22.jpg

さらにガラスケースには関連商品などがずらり!

k-on_bigbban23.jpg

キャラクタースニーカー!?もう何でもありでんな!

k-on_bigbban24.jpg

かきふらい先生の生(?)原画も展示。

k-on_bigbban25.jpg

昨年のDVD・オブ・ザ・イヤーの表彰状!!目指せ、2年連続受賞!!

k-on_bigbban27.jpg

さらに、けいおん!名物(?)のホワイトボードも設置。もちろん、来訪したファンのメッセージが書かれています。この日はりっちゃんの誕生日!!ということもあり、「りっちゃんお誕生日おめでとう」などのメッセージが目立ちました。もちろん自分もバースディメッセージを書き込んできましたw

k-on_bigbban28.jpg

H・T・T!H・T・T!!

そんなこんなで興奮しながらの15分はあっという間・・・。会場には、モニターでアニメOP/ED映像やライブ映像、声優さんのメッセージ映像なども流れていて、ここが民放会社のロビーということも忘れてついついはしゃいでしまいました。

k-on_bigbban29.jpg

まぁ、つまりやっぱり「けいおん!は最高」ということでした(何このオチ・・・)。


(文/写真・8月31日までやってるので、まだの人はゼヒ!亜呂真)

| イベント | 21:36 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヲタクたちの激奏「くずです!生」をListen!!

ライブイベント「くずです!生」に行ってきました。久々にオールナイト!

くずです☆生

「けいおん!」見て楽器を始めた素人の皆さんがバンドを結成し、ライブまでやっちゃおうという企画。コンセプトだけでも胸熱です。たまごまごさんのブログを見てライブを知り、たまたま休みもゲッチュ。「けいおん!」が好きすぎてギターを買ってしまった自分的には、行くしかないだろうというわけです。

アキバでハッスルしすぎて罪悪感と充実感が二律背反な気持ちを引きずったまま、ライブ会場に到着。そういえば、ライブハウスとかでやるライブに参加するのは初めてです。

kuzudesu1.jpg

kuzudesu2.jpg

入り口でチケットを購入し、中でビールをチビチビやってるとメンバー登場。いよいよスタートです。

ライブでは、けいおん!の曲をはじめアニソン中心に20曲ぐらいはやったでしょうか?率直な感想としては、とても楽器やって1年の人たちとは思えないぐらい!クオリティがハンパないです。自分は特にギターの二人に注目しながら、ノリノリでございました。「Lost my music」とか濡れた。「けいおん!!」のOPとEDも早速やってくれたりと(いずれもTVサイズではありましたが)、濃厚な90分を過ごさせてもらいました。何より「楽器って楽しいよ!みんなで演奏するって楽しいよ!!」って感じがすごく伝わってきて、元気をもらえたような気がしました。

ライブ終了後、打ち上げのようなオフ会のような飲み会にも参加。後で知ったのですが、皆さん誰かしらの知り合いがメンバーやその関係者にいらっしゃったようで、何のツテもなくただただ告知を見て来たのは自分だけだったらしい・・・。最初はアウェー感満載でも、お酒が入ればノープロブレム。メンバーの皆さんもとても気さくな方ばかり。「自分も最近ギター買ったんですよ」と打ち明けるとグッと距離が縮まったような気がして、ギター談義や音楽談義に花を咲かせました。たまごまごさんとお話できたのはうれしい誤算でした。もっとディープなお話がしたかったですが・・・。その代わり(?)二次会ではおっぱい談義などで大盛り上がり。何を言ってるかわからねーと思うが、自分でもよくわからねーテンションでした。

kuzudesu3.jpg

今回、演奏を聴くのは楽しいけど、演奏するほうがもっと楽しそうっていうのを改めて実感できたような気がします。イイオトナが全力で趣味に打ち込む姿、素晴らしいではありませんか!自分もそんなオトナになれたらなーと思った1日でございました。無理しない程度に頑張ります(ふんす!)。


(文/写真・まずは「ふわふわ時間」が弾けるように・・・。亜呂真)

| イベント | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「けいおん!!」放送開始直前、らじおん!公開録音イベント「ろくおん!!」レポート

少し前に「ろくおん!!」から帰ってきました。ども、未だに興奮冷めやらぬ亜呂真です。

rokuon!!_1.jpg

いやぁ~、色んなことがあり過ぎて一体何から書いたらいいか、というより何を書かないでおくべきか、非常に悩ましいところです。どうやら各所で噂レベルの情報が流れて錯綜しているようですが。残念ながら、キャストの皆さんとの約束もあってここで詳細をお書きすることはできませんが、ネットでライブ配信されていない部分、「第2部」があったことだけは事実です。もうね、そこまでが限界。すんません。

配信された部分については、すでにご覧になった方も多いようなので簡単にまとめてみました。

・オープニング

竹達さんがスタンドへのマイクのさし方が分からず、オロオロ。場の雰囲気が和む(´∀`)。隣の席の寿さんが華麗にフォローして無事マイクがスタンドに。

・けいおん!1期を各キャストのお気に入りシーンとともに振り返る。

何度見ても最終回のムギのキーボードの入り方は絶妙。じーんときます。キャストへのフリのやり方を間違えたぴかしゃが、思わず豊崎さんに抱きついたりしてもうヤバイ。

・けいおん!ライブイベント「Let's Go!」を振り返る。そして、ライブBlu-ray&DVDの発売日を発表。

Blu-ray&DVDは6月30日発売!バックステージシーンも収録とのこと。数十秒のテレビCMは見ただけで鳥肌もんでしたよ。ちなみに、ぴかしゃが「ヤバイよ涙も映るよどうしよー」と言うと、寿さんがすかさず「ぬぐってやるよ」。何このやりとりwwww。

・方言アフレコ

豊崎さん(徳島県出身)、しゅが(宮城県出身)、寿さん(兵庫県出身)はそれぞれの出身地の方言で、関東出身のぴかしゃは広島弁、竹達さんは高知弁でアフレコに挑戦!

これがおもしろかったのなんのって!特にしゅがの東北弁は本格的なナチュラルさでまくし立てるもんだから、隣にいたぴかしゃなんて必死で笑いこらえてたしwww。これはこれでアリだと思いましたよ。方言萌え。

・WEBラジオ「らじおん!!」のレギュラー放送決定!

これもうれしいニュース!またあのマッタリでキャッキャッウフフな放課後ティータイムの皆さんのトークが聴けると思うと、ワクテカが止まらない!

・エンディング

キャストが一人ずつあいさつしてお別れ。


と、ここでライブ配信分は終了します。すると、ステージ上にあった机と椅子をスタッフの皆さんがいそいそと片付け始めるではないですか・・・!

そして・・・・・・

















うん、まぁやっぱこれ以上書けないっす。ホント申し訳ないです。


何はともあれ、TBSではいよいよ6日深夜放送スタート!自分は地方在住なんでその日には見れないですが、もうすぐそこまで「けいおん!!」の足音は聞こえてきています。そのときが来るのを楽しみにしていましょう!!


(文/写真・これを書いてる右手首には未だに「ろくおん!!」バンドが付いてます。亜呂真)

| イベント | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

a・shi☆なげぇぇ!戸松遥さんのイベント「七色お楽しみ会」に行ってきたお!

午前10時20分

ミューレからの招待状を手に、東京・水道橋に到着したワタシ。その横には当編集部員ゼロフォーも。急な誘いだったにも関わらず、「アキバに行けるのなら望むところ(`・ω・´) 」と快く道案内役を買って出てくれました。東京のような大都会では、ワタシのような田舎モノはハムスター同然。1人ではよう歩きません。

さて、まずは招待状をチケットに交換しなければなりません。チケット引き換えは午前11時から。イベント会場となるJCBホールを探します。

東京ドーム周辺をウロウロしていると、巨人戦を観戦しに来たほのぼの家族に混じって、異彩を放つコスプレイヤーたちが。「いつの間に閉鎖空間に迷い込んだんだ、オレ!?」とか錯乱していたら、どうやら何かしらのイベントがあるみたい。結局何のイベントかはさっぱり分かりませんでしたが、とにかくすごい数のコスプレイヤーさんたちでした。

「あーなんか日本すげーなー」とか思ってると、JCBホールに到着。なんかここもすごい行列なんですけど?


ワタシ「あのー、もしかしてここってチケット引き換えの列ですか?」

係員(紳士)「いえ、ここは物販列です。引き換えの方は上の列にお並びください」


物販って12時からだよ!?つーか、やっぱりチケット引き換えも並ぶんですね・・・。確か席は先着順じゃないから早く来ても来なくても変わらないような気がしたんですけど。ちなみに、「じゃあ何でオマエもここにいるんだ!?」っていうツッコミはナシで。地方民は時間に余裕を持って行動する癖があんだよ!

tomatsu_73.jpg

自分はチケット列に、ゼロフォーには物販列に並んでもらうことにしました。すまないゼロフォー・・・。だがコミケ慣れしている君にとって、この程度の行列はセルに繰り出すミスターサタンの拳並みにかわいいものだと思うんだ。だから許せ。かくいうワタシも、昨年末のけいおん!ライブとかで大分行列に耐性が付いてきたわけですが。まぁ耐性っていうか、ただ我慢強くなっただけとも言えますが。こういう事態を想定して、読みかけの「涼宮ハルヒの溜息」を持ってきた自分をほめてやりたい。

「ハルヒに振り回されるみくちゃんがかわいそうだなー」とか思ってるうちに行列がゾロゾロと動き出しました。引き換えの結果は、アリーナ席の6列。これは結構前の方なのでは?まぁ何はともあれ、これで大手を振ってイベント参加ができるようになりました。

チケット列は、すぐさま物販列に吸収されていきます。その足取りはホムンクルスの如し。よく訓練されています。自分はすでに待機列の中のゼロフォーと合流。今度はこのまま物販開始を待つことに。ホント、我ながらよくやります。

正午、物販がスタート。ゼロフォーは巻き込まれないように列を離脱します。ワタシは迷った末、マフラータオルとサイリウム、それと会場限定のプロマイドが付くということで写真集を購入。周りの皆さんは、限定の等身大ポスターを買い込んでいました。オレンジ色のポスターケースは「真のファンの証」といったところでしょうか。

さらに、特賞付きのガチャガチャにもせっかくだからと挑戦。まぁ残念ながら当たりませんでしたが、缶バッチをゲットです。サイン入り写真集やらポスター、等身大ポップ、私物のニット帽などなかなか豪華な特典だったためか、何度もガチャガチャの行列に並びなおしているファンの姿が見受けられました。なんていうか、ボーイズビーアンビシャス!(?)

午後2時30分

tomatsu_74.jpg

開演までしばらくアキバで時間をつぶし、今度は単機でJCBホールへ。いよいよイベントのスタートです。あ、ちなみにこの時点でガチャガチャの特賞は7本中残り1本になってました。チケットは、予想通りステージから6列目、しかも中央付近のグッドポジション。15分前にはすでに会場はほぼ満員状態。収容人員が3千人なので、少なくともそれに匹敵する人が入っていることになります。

午後3時

いよいよスタート。最初はひらひらのスカート姿で戸松さんが登場すると、会場は大盛り上がり!

イベントはこんな感じで進行。

歌・「Circle」
トーク・「これまでの戸松遥のCDを振り返る」
歌・「自己中男」
トーク・「14人の戸松遥、アンケート結果発表」
歌・「七色みちしるべ」
歌・「Girls, Be Ambitious.」
トーク・「終わりのあいさつ」
歌・「motto☆派手にね!」
歌・「自己中男」(アンコール)



予定していた1時間を15分ほどオーバーする濃厚な内容でした。

まずはトーク。歴代のリリースCDを振り返るコーナーでは、歌の製作秘話を交えながら紹介。「Girls, Be Ambitious.」のシングルジャケが、通称「太陽拳」と呼ばれているのを初めて知りましたよ。アンケート発表では、戸松さん自身の予想が大はずれ。ファンからのアンケートコメントでは、戸松さんの「左ふくらはぎ」と「鎖骨」を絶賛する1票があり、「これから私のチャームポイントにします」と言って会場の笑いを誘っていました。さすが声優アワード!(?)

歌では、自分の予想を上回る6曲(「自己中男」が2回だけどね)。「自己中男」では、戸松さんがサビの振り付けを我々に伝授。「私が見本をお見せします」と言って、全力で振り付けを間違える戸松っちゃんのドジっ子っぷりに会場大興奮。さすが自称”空回り野郎”。一緒に振りをしながらの「自己中男」はかなり楽しかったです。個人的には、生「Girls, Be Ambitious.」が聴けて大満足。あと「motto☆派手にね!」の振り付けが、この日の衣装に合っていて一番かわいかったと思います。スカートがひらひらするたびに、もうその美脚が気になって気になって。すみません、踏んでもらえますか?

前回のエントリーでも書いたけど、今回の歌は全て彼女の「演技」としても楽しませてもらいました。トークも含め、戸松さんのいろいろな一面を見ることができ、まさに「七色お楽しみ会」のイベントタイトル通り。これがタダのイベントだってんだから驚きです。ノリで応募して勢いで参加したイベントでしたが、行ってよかったです。機会があればまたぜひ!

tomatsu_75.jpg


(文/写真・スフィアのライブもがんばってください。亜呂真)

| イベント | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。