ファニーズ情報局

趣味に生きるイイオトナが、キュンってなったりグッときたりしてfunny

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『100万円と苦虫女』、100万円で苦しむ女

映画『100万円と苦虫女』を観た。

以下、内容と感想。

内容

あることが原因で苦虫を噛むことになった主人公。また、彼女はこのことが原因で100万円にこだわりをもつことになった。

彼女は100万円が貯まるごとに引っ越すことにした。職を転々として人との出会いも変化した。

人の感情の動きに気づくことで成長していく主人公の物語。

感想

主人公の蒼井優が見事な苦虫っぷりをみせていた。あの表情がいい。塞ぎがちな目とへの字に近い口。ちょっとスレてる感じがいい。

蒼井優は転職を繰り返す。自分は人とは違うハンデがある。どうせ私はと思ってしまっていたのかもしれない。しかし、こんなことをすっ飛ばす出来事が蒼井優の目の前にあらわれる。

如何に主人公が恵まれているかが物語を通じてあきらかになる。

ハンデがあっても、普通に暮らせる主人公。ネタばれすると、ハンデがないのに普通に暮らすことができないある人。

自分がおかしてしまった過ちに対する償いとはいったい何なのか?

踏み外してしまった道からもとの道にもどるにはどうすればいいか?

人生の王道を歩むとは何をすることなのか?

私も人生の王道を歩むことについてよく考える。私もどうするのが自分の人生にとって正解かよく考える。
自分のことにこだわりすぎて、他の人の幸せに目がいかなくなりそうになる。

人生の正解もいいが、人生とは自分だけが良ければ幸せという性質のものではない。

私とはいったい何者なのか、と言ったことはよく目を凝らしていないと見えてこないだろう。

自分にこだわりすぎることは自分にとってプラスには働かない。自分で自分の目を塞いでしまうことに等しい。

人生にとって何が大切なのかは単純なことだと思う。自分の気持ちに正直になれば視界をクリアにすることができるはずだ。

素直になるとか正直になるとかいったことは意外と照れ臭いものだ。

ただ、人生の荒波に揉まれれば何が大切か自ずと見えてくるものだと思う。

この点で主人公は良い経験をした。自分の幸せとは何かという、自分一人の狭い枠を取り払う出来事に出会ったからだ。

自分の幸せは他人の幸せと密接に関係している。何を見るか、何が見えていないかを知ることが本当の幸せを見るフレームワークを得ることに近づくのではないか。

ただ、主人公にとって幸運な出来事は他人にとって不幸な出来事に他ならない。本当の幸せとは幸、不幸について何も知らないことと言いたくもなる。

しかし、不幸は突然訪れるものだ。そして、幸、不幸は心のもちようが決める部分も大きい。やはり、何も知らないでは通ることができないだろう。

私は幸せになると願うことより、誰かを幸せにすると願うことの方が人は強く願えると思う。

人の振り見て我が振り直せという言い方が私が言い表そうとしていることを間違って言っている手段かもしれない。しかし、自分と近い人の振りを見て我が振りに気づく。自分以外の人の幸せが自分の幸せのフレームワークに組み込まれる。

このとき初めて幸せについて考えるスタート地点に立つのではないか。


(文:ザトペック)

| 映画 | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://funny4s.blog41.fc2.com/tb.php/87-88356e48

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。