ファニーズ情報局

趣味に生きるイイオトナが、キュンってなったりグッときたりしてfunny

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

けいおん!ライブイベント「Let's Go!」にひゅいごー!後編

PM.3:30

いよいよアリーナ開場です。ゲーセンとかで時間つぶそうかと思いましたが、アリーナデビューの我々はおとなしく入場することに。

ここで、午前中に購入したグッズの中からチケットホルダーを取り出します。「せっかくだからチケットをこの中に入れておこう」。しかし、ここでまさかの展開。チケットの幅がホルダーのサイズに合わず、中に入らないのです!「バカな!こんな初歩的なミスをこのライブスタッフがするはずがない!これは軽音部の人気を妬む吹奏楽部の陰謀だな!?」などと焦るオレ。周囲を見るとチケットをホルダーに入れている人多数で、被害妄想はアンリミテッド。結局、「イープラスチケットのサイズが若干大きいんじゃね?」という藤堂の冷静な指摘で落ち着きを取り戻し、それでもあきらめきれないオレは上を少しだけ折り曲げてホルダーに収納することに。

そんなちょっとしたひとり相撲千秋楽を終えると、すぐソコにはアリーナの正面玄関。中に入ると、正面にはたくさんのお祝いの花が届いていました。そしてその近くには出演声優の名前が張られたダンボール箱。この箱の意味は、ライブバージンなオレにもすぐに分かりました。信仰心の厚い一部お客様がそこにプレゼントを入れていたからです。なるほどね、これがライブか・・・(ごくり)!

自分たちは正面スタンド席の外側をぐるりと囲むように作られたアリーナ席。ステージから見て右斜めのところでした。中を覗くとアリーナの広さにびっくり!この中がけいおん!ファンだけで埋まってしまうとは!なるほどね、ここが日本という国か・・・(ごくり)!!

ステージにはすでに楽器や機材が並べられ、バックには桜高の校舎とうさぎとかめのデザインがあしらってありました。ホール内にはライブ開始までけいおん!のBGMがエンドレスエイト。ムードが盛り上がってきたところで、自分はTシャツとリストバンドを取り出して装着。藤堂もタオルを首に巻いて戦闘態勢を整えます。ケミカルライトの使い方も藤堂から予習を受け、準備万端です。時間が経過するにつれ、次々とアリーナに人が入り、立ち見客も外周の通路を埋め尽くし始めます。この広さでも足りない!と言わんばかりの人・ヒト・ひと・・・。このうちの何人がムスカ大佐になられたことでしょう。それにしても、何だかこっちが緊張してきました・・・。



PM.5:00

会場が暗くなり、唯たちのセリフに合わせてステージのモニターに文字が映し出されます。


「準備おっけー」

「じゃあ始めるよ!」



カウントダウンとともに、ついにライブがスタート!!!


パッと明るくなったステージに、放課後ティータイムの5人が楽器を持って登場!!1発目は「Cagayake! GIRLS」です!!最初の「ジャジャジャジャ」のところ、むっちゃ鳥肌立ちました!こっこれが生音・・・!!!早速ケミカルライトを振って盛り上がります。真っ暗な観客席に色とりどりのケミカルライトが輝く光景は圧巻です。最初は、前の人たちの動きを見ながらこちらも見様見真似。剣心の技をコピーする弥彦の如し。もちろん、この曲は「ひゅいごー!!」を全員で合の手。オマエら若干飛ばしすぎじゃね?と思うほどの、まさに始まりにはふさわしい盛り上がりようです。


豊崎愛生さん「みんな盛り上がってますかー!」




オレら&オマエら「イエーーーーーーーー!!!!」


ここで、豊崎さんはじめ放課後ティータイムのMCが始まります。澪役の日笠陽子さんは、終始ムギ役の寿美菜子さんに抱きついて離れません。豊崎さんが「そこ仲良しだね~」と触れると、


日笠さん「誰かに掴まってないと立ってられないの・・・」




「アンタの方が年上だろ!」とお約束のツッコミを入れたところで、2曲目からキャラソンがスタートです!


まずは唯の「ギー太に首ったけ」!ギターリフかっけー!ハンパねぇ!!赤いケミカルライトを振って我々もすっかりノリノリです。ちなみにすでに腕がパンパン(略して腕パン)状態に。もっとだ、もっと輝けーーーー(ケミカルライトが)!!

お次は澪の「Heart Goes Boom!!」。ベースがクール!そして日笠陽子さん歌うめぇーー!間奏部分では、日笠さんの「萌え萌えキュン」に、オレらのハートDOKI☆DOKI。先ほどの緊張っぷりは何だったのか。こいつぁやるしかねぇや!全員でブンブンブンブン!!

続いて律の「Girly Storm 疾走 Stick」。佐藤聡美さんの元気いっぱいの「よっしゃあぁーー!」で始まり、会場は黄色のケミカルライトに染まります。個人的にもこの曲はお気に入りの一つで、盛り上がりました。振り付けがプリチー。

美しい歌声で始まったのは紬の「Dear My Keys ~銀盤の魔法~」。ムギのような清楚な衣装で、かわいらしく歌い上げます。寿さん、なんだかメンバーの中で一番落ち着いていたような・・・。日笠さんが抱きついていたい気持ちも分かります。さすがスフィア(あ、豊崎さんもスフィアか)!!

まだまだ続くよ。ムスタングの独特のギュイーンな音にかわいらしい歌声。梓の「じゃじゃ馬Way To Go」が始まると、オマエら大興奮!あずにゃんファン多いんだなー。竹達彩奈さんのお尻フリフリダンス、かわいらしかったです。前の方の人がうらやましすぎる!

さーてお次はっと・・・

おや?ステージが暗転して赤い光線・・・。今までとは違う雰囲気・・・。すると、ステージ上段から仮面を被ったヤツが登場。これはまさかの最終兵器彼女・・・じゃなくて、DEATH DEVLのさわちゃん!!仮面を取り外すと、バッチリとメイクを決めた真田アサミさんが仁王立ち。

真田さん「お前らが来るのを待っていたーーーーー!!」



シャウトと同時にステージが爆発!!!Maddy Candy」がスタートです!!これには我々も盛り上がらないわけにはいきません!真田さんは、すっかりさわちゃんのソウルフルロック魂が乗り移ったようで、マイクスタンドをバンっと倒し、ステージを暴れまわります!!おまけに歯ギターまで見せてくれる大盤振る舞い!こっこれがベテラン声優の実力か・・・(ごくり)!!ギタリストの見せるリフも超カッコ良く、キャラソンでは一番盛り上がったんじゃないかと思います。


ここでしばしの小休止。放課後ティータイムが再び登場します。さらに、平沢憂役の米澤円さんと真鍋和役の藤東千夏さんも登場!豊崎さんが「一家に1人欲しい妹・憂ちゃんとクラスに1人欲しい友達・和ちゃんです~」と紹介すると、会場は笑いに包まれます。そして、真田さんも何食わぬ顔して「先生モード」で登場。豊崎さんが「今はどっちモード?」と聞くと、「他にモードがあるの~?」とごまかす真田さん。うんうん、こちらもお約束です。水戸黄門の如き安心感です

全員集合したところで、ドリフじゃなくて「コール&レスポンス」のコーナーが始まります。劇中のキャラのセリフを観客と一緒に言っていくゲームです。

唯はもうお馴染みの「うんたん!」。待ってましたとばかりにカスタネット取り出すオマエらに、出演者も驚きのざわっ!。豊崎さんが「うん」と言うと、オレら&オマエらは一斉に「たん!」。豊崎さんご満悦でした。

続くムギは「どんとこいです!」。寿さんに続き「どんとこいです!」。やべぇ・・・、何か楽しくなってきたぞ・・・。あずにゃんは「にゃ、にゃ~!」。「手も付けてくださいね!」の竹達さんのお願いに、さすがのオマエらもちょっと恥ずかしそうに「にゃ~」。それに竹達さんが「もっと元気に!やりなおしです!」とご立腹。もう一度やったら納得していただけました。豊崎さんが「野太い声の猫ばっかだったね」ときつ~いツッコミを入れると、会場は爆笑。だがその通り!

憂は「姉がお世話になってます」。米澤さんの「姉がお世話に」に続き「なってま~す」。豊崎さんが「妹がいっぱい」と言うと、すかさず佐藤さんが「野太い声のなー」とツッコミ。もうアンタ達には何言われたって平気なんだからね!

澪はクリスマス会での「モウオヨメニイケナイ」。てっきり「萌え萌えキュン」かと思ったけど、野太い声だしさすがにNGだよね、横浜アリーナ的に。日笠さんが「ちゃんと絶望してる感じで言ってね」とリクエストし、オマエら&オレらも期待に応える。慣れていくのね、自分でも分かる・・・。

和もクリスマス会での一言。唯の家のドアを開けて「ごめんなさい、間違えました」。藤東さんは「こんな大勢の前で謝るのは初めてです」と緊張気味。何でしたら逆にこちらが謝りましょうか?そして、さわちゃんはぶりっこモードを解除。めがねを外し・・・

真田さん「お前らが来るのをーーーー」



オマエら&オレら「待っていたぁぁぁぁーー!」


真田さん「声が小ぃせええええぇぇぇええええっ----!!!!!!」




Σ(||゚Д゚)ヒィィィィィィィィィ!!!!!!


真田さん「もう1回!お前らが来るのををををーーーーーーーーー!」




オレら&オマエら「待っていたああああぁぁぁぁぁーーーーーーー!!!!!」


真田さん「よしッ!」




本当によく訓練されています。


最後はりっちゃん。合宿での寝言「キャベツうめぇー」です。佐藤さんは「寝言っぽくね」と注文したものの、オマエらが元気良く「うめぇー」なんて言うから豊崎さんが「もう初めから元気良くいこうよ」とアドバイス。結局、最後は「うめぇぇぇぇぇぇー!!」でアリーナを揺らしました。たしかにキャベツはうまいです。偉い人にはそれが分からんのです。


ここで「コール&レスポンス」のコーナーは終了。再び、キャラソンライブに入ります。


後半戦トップバッターは憂!米澤さんが「Lovely Sister LOVE」を熱唱です。改めて聴くとかわいらしい曲だな。曲が終わると、「ういーういー」のコールがあって結構人気でした。

続いて和の「Coolly Hotty Tension Hi!」。藤東さん、ぶっちゃけ出演者の中で一番緊張していたような・・・。でも、歌はうまいし、拍手で観客を盛り上げようとしたりと頑張ってました。応援するぜー!!


これでキャラソンは終了。ここで突然のふわふわ寸劇タイム「ある日の軽音部」が始まります。

学校のライブ前にティータイムを楽しむ軽音部の面々。そこで雑誌を読んでいた律が、澪のお気に入りのバンドが解散することになったという記事を見つけます。読んでみると「音楽性の違い」での解散のよう。澪は残念がる一方、そこに唯が食いつきます。

唯「私たちも音楽性の違いで解散しようよ!何かかっこいいから!」。



会場からは思わず「えぇーーーーー!!」の声。結局「解散したくないです!」というあずにゃんの涙で何とか解散話は無しになったものの、今度はバンド名変更に話題が移ります。

唯「『ザ・全米』なんてどう?」「じゃあ『全米が泣いた!』



などと次々と候補を発表し、会場は爆笑の渦に。さらにムギが

『米騒動』なんてどうかしら」



なんて言うから、ますます収拾が付かなくなってきます。


澪「『チョコレート☆メロディ』なんてどうかな?」

さわちゃん「もっとロックぽい名前がいいわよ。『殴打後ブラッディータイム』なんてどう?」



これには観客も大ウケ!「せっかく放課後ティータイムにかぶせたのに・・・」と言うさわちゃんだったが、原型とどめてねぇよ!つか、そもそもアンタの抱くロックのイメージって何なの!?

結局、ライブ時間が迫ってきてこの話はなかったことに・・・というお話でした。いやぁ~、おもしろかった。このグダグダ感こそ桜高の音楽室です。そしてこの流れで、いよいよ放課後ティータイムの曲へと移ります。


全員が楽器を持って配置につき、豊崎さんがしばしMCを・・・ってところで佐藤さんが「コミックバンドか!」とすかさずつっ込み。このライブ、どこまで盛り沢山なんでしょう・・・。

さぁ、仕切り直してスタートです。まずは「カレーのちライス」!!これもお気に入りの1曲です。盛り上がりどころは、やっぱり「カーレーちょっぴりライス・・・”たーっぷり!”」でしょう!

お次は「ふでペン~ボールペン~」。こちらはボーカルは澪こと日笠さんが担当。最終回での感動のシーンを再現です。個人的にふでペンは澪Ver.が好きだったので大満足です。


2曲を終えたところで、豊崎さん。

アレをやるしかないか・・・!」



と切り出します。

ザワザワするオレたちに「ここからは私たちだけで演奏します!」と告白すると、会場は大興奮!!まさかの生演奏ですよっ!!

豊崎さん「唯たちは楽器を演奏しているときが一番輝いています。私たちも一生懸命練習してきました。皆さんのために演奏します!」



注目の曲は・・・

豊崎さん「初めて披露します!『わたしの恋はホッチキス』!」




オレら&オマエら「うおおおおおおおおおおおおーーーーー!!!」

しかし、すぐに曲がストップ。僕はよく分からなかったのですが、藤堂曰くどうやら豊崎さんのギターが止まってしまったようです。ここで、登場したのがさわちゃんこと真田さんです!

真田さん「あなたたち緊張し過ぎよ!一生懸命練習したんだからいつも通りで頑張りなさい!」



何と素晴らしいフォローか!さわちゃんおいしいところ持っていきすぎだろ!!そして、オマエらからも「がんばれー」のコール。豊崎さんは「真田さんはいつも現場でもさわちゃんみたいに私たちを見守ってくれるんです。おかげで少しリラックスできました」と勇気付けられた様子。

気を取り直し、再び「わたしの恋はホッチキス」が始まります!正直見てるこっちもハラハラでしたが、今度はうまくいきました。ちなみに1番は唯、2番は澪が歌を担当。演奏後「皆さんのおかげで頑張れました」とうるうるしながら話す豊崎さんに、会場も大声援を送ります。な・・・泣ける・・・(´Д⊂。

そして、いよいよフィナーレが近づいてきました。「ふわふわ時間」です!こちらは「らじおん!」の公録に続き2回目の演奏ということで、安定してました。僕自身は初めて生で聴くんですけどね。途中、感極まった豊崎さんの歌が途切れ途切れになってしまう部分もあったけど、オマエらが「ふわふわターイム!」と合いの手を入れ、懸命にフォロー。素晴らしい曲になりました。


演奏が終了・・・。しかし、ここで寿さんが再びキーボードを鳴らします。


感動の最終回再現キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


ここで2度目の鳥肌です。ハンパねぇ!マジでやんごとねぇ!もう最高だよ!泣けるよ!!演奏終了後、やり遂げた安心感か、緊張の糸が切れたのか・・・放課後ティータイムの5人は抱き合って泣いてました。佐藤さんとか日笠さんはもう涙で顔がぐしゃぐしゃでしたよ。もうね、その姿がね・・・。今思い出すだけでもね・・・(´;ω;`)ウッ・・・。


メンバーがステージを去るとほぼ同時・・・会場からは「アンコール!アンコール!」の声。その声に応えるように再びステージに現れたメンバー。

日笠さん「それじゃあいくよ!『Don't say "lazy"』!」



裏で涙をぬぐったのか、元気いっぱいに響く日笠さんの歌声。堂々とした歌いっぷりは超カッコよかったです。盛り上がりは最高潮に・・・!


しかし・・・!まだ終わりじゃなかった。いよいよ今日の”そのとき”が訪れるのです。


豊崎さん「ここで皆さんに重大発表があります!」



オレら&オマエら「おおおおおおおおおおおおおーーーーーー!!!??」

豊崎さん「まずはこちらをご覧ください」




モニターに映し出されたけいおん!の映像・・・そして・・・ふわふわ時間の曲とともに最終回のあの文化祭の映像が映し出されます。

唯「もう1かーーーい!」



『もう1回』


ドンっ!とモニター出される大きな文字。もう1回イコール・・・・・・?







『けいおん!第2期製作決定!!』





キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!×13000人(推定)



横浜アリーナで地震が発生しました。これがホントの大隆起現象。もう少しで向こう側の世界が開くところでしたよ。ってか結晶体見えたよ!?とにかく、それほどの歓喜の叫びでした!!もちろん我々も大興奮!そして泣きそうになりました。もうワケワカメ。


興奮冷めやらぬ中・・・

豊崎さん「皆さんのおかげです。私ももう1度唯に会えるのが楽しみです!それじゃあもう1曲歌おう!『Cagayake! GIRLS』!!」



まるで2期決定を祝福するかのような、そんな今日2回目の「Cagayake! GIRLS」!ステージも観客もテンション最高潮のエベレスト!まさに「up↑ up↑ up↑ and up↑」!!オレなんかほぼ全部歌ってたよ。

再び舞台から去る5人。今度は「もう1回」コールが会場に響きます。しばらくすると、Tシャツに着替えた出演者全員が登場。1人ずつあいさつします。メンバー全員がほぼ題大号泣に近い状態。

竹達さん「初めての作品で・・・本当に幸せです」

寿さん「今日は泣かないって決めたのに・・・」



会場からは「がんばれー」のコールです。覚えている範囲で、個人的に一番感動したのは佐藤さんのエピソード。

佐藤さん「前日のリハーサルでは緊張とかでミスばっかりして、お風呂で一生懸命歌の練習をしてました。そのとき思い出したんです。律はこういうときこそ元気いっぱいで楽しむ子だったなって。私の緊張で律の良いところをダメにしちゃ申し訳ないと思って・・・、それでここまで頑張れました。もう少しで取り返しのつかないことをするところでした・・・。このライブもそうだけど、何かあるごとにこの作品や律やスタッフの皆さんに色々なことを気づかせてもらいました。でも、まだ終わりじゃないもんね!両手を広げて待っててください。みんなの胸に飛び込んでいくよー!」




。・゚・(ノД`)・゚・。


日笠さん「緊張し過ぎて何か色々出そうでした・・・」



涙ながらにそう語ると、会場は思わず笑顔。てか、日笠さん泣きすぎ。途中「フー・・・フー・・・」って肩で息してたし。涙腺弱いのは「らじおん!」で知ってたけども。

そして豊崎さん。


「前日にしゅがりん(佐藤さん)からメールが来て『これは部長命令だ!緊張しないでただ楽しむことだけを考えるように!』って。1人じゃないんだなって思いました」



。゚(゚´Д`゚)゚。


豊崎さん「最後に皆さんと一緒に言いたいことがあります」


全員「けいおん!大好き~!!!!」




出演者と観客が一つになったような気がしました。そして本当に最後の曲「レッツゴー!」で締めくくり。オマエらもオレらも、本当のラストってことで最後の力を振り絞って盛り上がりました。最後のジャンプでの締めはほとんどの人がやってたんじゃないかってぐらい・・・。ホントにアリーナが揺れました!!

そしていよいよ本当にお別れです。1人ずつステージ中央から消えていく出演者。何だか名残惜しそうな様子だったのが印象的です。最後、残った豊崎さんと日笠さんが「てへぺろ!」とやって去っていきました・・・。


亜呂真「いやぁ~良かった。燃え尽きた・・・」
藤堂「盛り上がったな・・・」

汗をぬぐいながら思わずぐったり。そしてどこからともなく聞こえる三本締めの音。オマエらも本当にお疲れ様でした。


PM.7:30

こうして無事に終了した自身初ライブとなったけいおん!ライブイベント『Let's Go!』。終えた後の感想としては、「チョー気持ちいい!」と言いましょうか、「何も言えねぇ!」と言いましょうか・・・。どれだけCDを大音量で聴いても、どれほど立派な音響設備を整えたとしても、このライブには敵わないでしょう。出演者の皆さんは本当にけいおん!のキャラクターを愛しているようで、特に豊崎さん、日笠さん、佐藤さん、寿さん、竹達さんの5人は、放課後ティータイムのメンバーそのものだったような気がします。とにかくこのライブ、大満足のてんこ盛りつゆだく特盛な感じで、参加できたことが本当に幸せでした。ライブDVDとか出たら間違いなく買いますよ!

何はともあれ、2期ですよ2期!!これで終わりではありません。まだまだ「けいおん!」熱は続きそうです。もし、また次回のライブがあるのなら、またぜひ参加したい・・・!

そしてもう1度言わせてくれ!

「けいおん!大好き~!!!!!!」

k-on_live10.jpg


次は武道館でお会いしましょう(!?)


(文/写真・ぐだぐだなレポートでスマン。てへぺろ!亜呂真)

| イベント | 15:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こちらでは初めまして(´`*)
コメントを頂きありがとうございました!
いやぁ・・・それにしても最高のライブでしたね。
今でもけいおん楽曲を聴くと、あの会場の感動が蘇ってきますよ・・・w
2期発表の時の盛り上がりは凄かったですなぁ。
でもやっぱり会場全体でああやって盛り上がれるというのは
本当に楽しいことなんだと改めて思いましたヽ(´ー`)ノ
今後もけいおん!には期待したいですねーw

| 朋也 | 2010/01/04 02:11 | URL |

Re: タイトルなし

>朋也さん

こちらこそコメントありがとうございます!

本当に最高のライブでした。自分でも驚くほど楽しめました。
今は自分もライブの雰囲気を思い出しながらけいおん!の楽曲を聴く毎日です。

早くライブDVD(Blu-ray希望)が出てほしいです!

| 亜呂真 | 2010/01/04 23:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://funny4s.blog41.fc2.com/tb.php/82-7e242560

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。