ファニーズ情報局

趣味に生きるイイオトナが、キュンってなったりグッときたりしてfunny

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第3回ファニーズ編集会議 in 長野「ぽんぽこの湯」(冬コミ序章編)

ザ・梅雨真っ盛りの7月5日。雨が降ったり止んだりの季節に、病んだり病んだりな悩み多き大人の集まり=ファニーズ編集部は、ジメジメ・オブ・ハートにオサラバとばかりに避暑地・長野県に集まった。

亜呂真(以下:亜)「うぃーす」
ゼロフォー・オルタ(以下:ゼ)「お久しぶりでございます」
藤堂(以下:藤)「よう」
ザトペック(以下:ザ)「ども」


車組の私(亜呂真)とゼロフォー、そして電車組の藤堂とザトペックが合流。このメンツが集まった目的は、気分転換を兼ねたアレ。すなわち編集会議である。なお、今回も大人の事情でおいしゅとらふは欠席と相成った。編集部4人は、ゼロフォーの運転でまずは某所のそば屋を目指す。「長野と言ったらそばダヨネ!」。シンプル・イズ・ベストな私たちは、車中でお互いの近況を語らいながらゼロフォーが一押しするそば屋に胸を躍らせていた。

しかし!

亜「腹減ったよ~」
藤「一体いつ着くんだ?」
ゼ「もうちょっとですね。なんせ山奥ですから・・・」
亜「本当にこんなところにそば屋あるの?」
ザ「一応有名なんでしょ?」
ゼ「そうだね。まぁもう少し辛抱してくださいな」


こんな会話が繰り返されること山の如し。ただ乗っているだけの編集部員一行はなぜか早くも疲労困憊。結局、出発から約2時間(!)かけてそば屋の立ち並ぶ目的地に到着した。

nagano_henshu1.jpg
撮影:リコーR10

一同「う、うまいっ!」

しかし、遠路はるばる来た甲斐はあったというもの。本場の信州そばの味に舌鼓を打ち、お腹も満腹、心も満足。腹ごなしに辺りを散策しながら森林浴とシャレコム。空気もうまいし、風も心地よい。大木に囲まれた参道を歩くと、鳥のさえずりが聞こえてきたり。

nagano_henshu3.jpg
撮影:リコーR10

ここで本来の目的を思い出した藤堂の一言で、ソレは幕を開けたのです。

藤「ほんで今回の会議なんだけどさ!」



藤「例の冬コミ参加の件。キミの書いた『じゅんれい!』はかなり良いと思うんだよ」
亜「というと?」
藤「今年の冬コミ本のメインは『聖地巡礼』でいこうってことよ。それぞれが近場の聖地を訪れてまとめるわけよ。自分の住んでる県に1つぐらいはあるだろ?」
亜「なーるほどねぇー。でも自分が『じゅんれい!』書いてて思ったんだけど、全然”インドア”じゃねぇよな・・・」
ゼ「まぁ確かに。私のフィギュア屋外撮影も・・・だね」
ザ「オレもコンサートに行った話とか多いし・・・」
藤「まぁそれはインドア趣味の延長ってことだろ?聖地巡礼はかなり冬コミに使えるとネタだと思うんだけど」
亜「確かに今流行ってるし、おもしろくはあるよね。でも、もし近場が舞台になってるアニメを全く知らない場合はどうすんのさ?むしろ距離にはこだわらず、自分が好きだったり知ってるアニメの聖地に行く方が良くないか?」
藤「それでも良いけど。でも遠いと大変だぞ」
亜「大丈夫!やっぱ知ってるところの方がやる気出るって!」
ゼ「ふむ。そうなるとどこがいいかな・・・」


ひとしきり散策を終え、再び車に乗り込む我々。目的地は会議のメイン会場「温泉」です。また、2時間30分(!!)の旅にゲンナリしながらも、限られた時間を無駄にしないためにも車中でも議論は続けられます。

亜「さっきの巡礼以外にも何かアイデアある?」
藤「うーん。そうだ、アニメに登場する食べ物をレポートしてみるってどうよ?」
亜「あ、打ち切り漫画の続きを考えるってどう?俺らの妄想で無理矢理ラストまで持っていくという」
藤「それ、HUNTER×HUNTERでやったらおもしろくないか?」
ゼ「ちょっwww富樫先生wwwwwwwwww」
ザ「みんなでリレー小説を書くとか・・・」
亜「おもしろそうだけど難しそうだよねー・・・・・・まだ着かない?」
ゼ「まだまだです」


nagano_lomo3.jpg
撮影:LOMO LC-A

野を越え山を越え、ようやく目的地の温泉に到着。そば食っただけの我々はなぜかすでに限界寸前。温泉につかってしばし湯ったりバスロマン。ここでは、冬コミの話から夏の合宿の話に。

藤「合宿やるとしたら伊豆あたりがいいな。やっぱり1泊はしたいよ」
亜「だよねー。次は伊豆にしますか~」
ゼ「いやぁ、何か今回はこちらで考えたプランの移動距離が長くてスマン」
ザ「いやいや、そばうまかったし楽しめてるよ」
亜「うんうん。そばに温泉に長野をエンジョイできてるし。伊豆ではたっぷり時間使って会議を開きたいねぇ~。夏にできなかったら冬コミの当選が決まった後ぐらいか?」
ゼ「まずは当選が決まらなきゃね・・・」
藤「当選しなくても冬コミのネタはどんどんブログにアップしていけばいいし。とりあえず応募まではゼロフォー君よろしく頼むよ」
ゼ「了解です」


さっぱりとした4人は、座敷の休憩スペースに。コーヒー牛乳などで乾杯し、会議を再開。ここからはゼロフォーが書記役に。

亜「えーと、さっき車の中で話したのもまとめつつ、まずは冬コミ本の柱になる特集を決めましょう。どうです、聖地巡礼でいきますか?」
藤「いいんじゃね?」
ザ「アニメや漫画の舞台だったらどこでもいいの?」
亜「そうだね。でもただ舞台が○○だからと言っても、実際にモデルとなった場所がないと聖地巡礼にならないから。誰もやったことのない所に行ってみるってのが理想だけど、それはなかなか難しいかな」
藤「オマエの行った『けいおん!』なんてもうメジャー中のメジャーじゃん」
亜「ソウデシタ」
ゼ「そうなるとおねツイかエヴァか・・・はたまた・・・」
亜「まぁまぁ行く場所は各自に任せるとして!とりあえず、時間も無くなってきたから、メインは『聖地巡礼』で決定ということで!これだけは冬コミ参加決定前から取り組み始めてください。巡礼場所が決まったら、各自連絡すること!あとの細かいものは後で決めても何とかなるでしょう」
3人「了解!」
亜「ではそういうことで・・・ZZZZ」
藤「ZZZZZZ・・・」
ゼ&ザ「おーい、寝るなー」


大人の休日というのは、こうも早く終わってしまうものなのか。電車組のザトペック、藤堂の帰りの時間が迫ってきたため今回の会議はここでオヒラキとなった。

nagano_lomo4.jpg
撮影:LOMO LC-A

とりあえずの進展があった今会議。ファニーズ編集部の記念すべき最初の冬コミ本は、どうやら聖地巡礼本ということになりそうだ。活発な議論を交わしつつも、「ホントに参加が決まったらどうしよう・・・」と内心ちょっとビビッている編集長なのでした。

(文/写真・亜呂真)

| 編集会議 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://funny4s.blog41.fc2.com/tb.php/52-cbb0ea51

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。