ファニーズ情報局

趣味に生きるイイオトナが、キュンってなったりグッときたりしてfunny

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラフマニノフ『パガニーニの主題による狂詩曲第18変奏』ラフマニノフの魂を呼び覚ませ

5月31日に豊橋で行われたピティナピアノステップなるイベントに参加した。


ピアノを弾いた。曲はラフマニノフ作曲『パガニーニの主題による狂詩曲第18変奏』だ。

この日はしでかしてしまった。演奏を途中までしかできなかった。忘れてしまった。

しかし、アドバイザーの先生がもう一度弾いてみてとおっしゃった。

もう一度弾いてみた。多少音が濁ったところがあったように記憶している。しかし、今度はだいたい上手くいった。アドバイザーの先生に助けられた。

一人のアドバイザーの先生が4段階評価の3の評価をくださった。嬉しかった。よく弾けたとのコメントをくださった。本当に2回目はよく弾けたと思う。

今日書きたいのは演奏がどうだったかが全てではない。演奏した曲の良さをアピールしたい。特に演奏することが聴くことに与える影響を記したい。練習する前と後の聴く態度の違いを書く。どのような気づいたことがあるか。

まず、気づいたことはCDに入っている曲は僕の演奏する曲と構成楽器が異なるということだ。CDに入っている曲はピアノ以外の楽器も含まれている。

ピアノ一台ではCDの曲の感じが出せない。CDの曲の感じに近づかせるには何をすれば良いか?答えは連弾してみると良い。連弾するとサビの部分の盛り上がりに厚みが出る。もともと連弾ようにかかれている楽譜を僕が買った。なので、一台のピアノ演奏がCDと違うと言うのは筋違いだ。ただ、一台でも十分に音楽として楽しめる。

ピアノを弾いていて気づいたことは右手にメロディと伴奏が混在していることだ。さらに、左手に伴奏がある。これをペダルで上手く伴奏の音が出すぎないように調節する。メロディは独立して強弱を加える。

この第18変奏という曲の部分は3部構成されている。1部は静かな部分だ。徐々に盛り上がる。そして、中心部となる2部へ受け渡しする。2部は全部サビと言っていいと思う。動き出したメロディが最後の部分で爆発的な盛り上がりを見せる。魂の叫び。3部は盛り上がりまくった2部の余韻を残す部分だ。静かに終わる。

テレビ番組の挿入曲で一番盛り上がるところが使われていたことを知っている。またクラシックベスト100のCDにもこの18変奏は入っている。

僕はこの曲のサビが気に入っている。この曲は不動の4番バッターのような存在感だ。これが、僕がこの曲を練習し始めた理由だ。

練習で一番心がけたことはこのサビの一番盛り上がる部分を全身全霊で弾ききることだ。細かな強弱やタッチとかも当然大事だ。また、僕の弱い部分でもあるかもしれない。しかし、技術云々は後から出てくるものだと考える。まずは心が大事だ。このように考えた。なので、僕の音楽を聴いたときの衝撃を両手にのせること、すなわち、全力で演じきることを目標に練習した。

練習前とだいぶ練習を積んだ後の曲に対する聴く態度の違い、どういうことに注意して聴いているかについて書く。練習前はいい曲だなという単純な発想だった。練習後はどこでどう盛り上がってどう強弱の変化をするかといったことに主眼をおくようになった。

でも、あんまり変わっていないところもあるように感じる。いかに曲を盛り上げるか。核心となる部分を提示するか。これは初めて聴いたときの感動をどう伝えるかということではないか。初めて聴いたときの気持ちを大事にしている。

どうやって感動を伝えるか。これは時間が経つにつれ、変化するようになった。このためには細かいところが大事だということを思うようになった。曲の変化を隅々まで追うようになった。特に一番の盛り上がりどころと関係のありそうなところの変化に敏感になった。ここを間違えちゃうとあとが台無しになるなといった具合に思うようになった。

というのは、練習での話・・・。

本番は今までの練習のことを考えている余裕はなかった。音の効果まで考えている余裕はない。なんとか取り繕うことだけを考えていた。みせることをもっと自分のものにしたい。本番でも流されないように。

(以上 mixiりょうじゅの日記6月7日より転載

文:ザトペック)

| 音楽 | 16:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://funny4s.blog41.fc2.com/tb.php/37-7da4f746

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。