ファニーズ情報局

趣味に生きるイイオトナが、キュンってなったりグッときたりしてfunny

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『天国は待ってくれる』を観た。天国よ、もう少し待ってくれ。

145884_1.jpg
イメージ:天国は待ってくれる@ぴあ映画生活作品情報
      http://cinema.pia.co.jp/title/img-17050/cs/1/より



『天国は待ってくれる』を観た。

岡本綾と井ノ原快彦と清木場俊介の主人公の映画。

あらすじ:岡本綾と井ノ原快彦と清木場俊介は、小学校からの同級生。

3人は常に一緒にいることを誓ったが・・・。

大人になっても3人は一緒。

しかし、ある日清木場俊介は岡本綾に告白する。

複雑な顔の井ノ原をよそに二人の結婚は着々と進んでいくかに見えた。

ところが・・・、ある日。

大変なことが起きてしまう。

物語は、ここから本題へと突入するわけだが。

一度複雑な顔をのぞかせた井ノ原が物語の進行とともにますます複雑な顔を見せるところは見物。

最終的には、ささやかな幸せがうかがえる展開で終わる。

ただ、人に歴史ありといったところか。

一筋縄ではいかないところに、人間ドラマの面白さがあると同時に人生の奥行きもある。

感想:恋愛は、「好き」だけでは成り立たない。

「そんな単純なものじゃないのよ」という、登場人物の言葉が印象的だ。

最終的に良い形になるような気がするが。

決して一言で「良かった」と言わせないのが、映画の妙だろう。

「好き同士が一緒になればいい」確かにそうだろう。登場人物の男もこう言っていた。

好き、嫌い。

許せる、許せない。

幸せになる、不幸になる。

このような基準で、結婚とは自分の幸せ、他人の幸せをくらべながら合意に至るのではないか。

この意思決定は複雑だ。

自分が幸せならいいのか、他人の幸せが大事か。

他人が幸せなら、自分の幸せはある程度で許せるか。

自分が不幸になるなら、他人がこの状況を許しておかないか。

この時、好き、嫌いの基準が意思決定の重要な構成要素として浮上してくるか。

「好きならいいってもんじゃない」

「好きな人と一緒になるのがいい」

「他人の幸せが大事だ」

関係者の意思決定は、条件とともにある。

現実と理想の間を常に行き来し、もっともよいという理想が、現実になっていく。

現実になった理想は、現実の中で語られ、一切理想としての姿を見えなくさせる。

ただ、こう、ならなかったかもしれない現実が、理想の姿を鮮やかに切り取り、思い出とともにいつまでも胸の中で手に届かない正に想像上の理想として後々に語り継がれていくのだろう。

3人にとってベストな選択をした。

だから、前を向いて生きていける。

これに尽きるだろう・・・。



~~ザトペック~~

| 映画 | 21:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お姫様ゲットw

O8S1ufWE
自分だけのプリンセス!
欲しいと思いませんか?
http://wr954175.plistfa.info/wr954175/

| プリンス | 2012/11/03 11:11 | URL | ≫ EDIT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/02/11 07:11 | |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014/09/01 11:54 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://funny4s.blog41.fc2.com/tb.php/239-a8cf17ef

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。