ファニーズ情報局

趣味に生きるイイオトナが、キュンってなったりグッときたりしてfunny

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

じゅんれい!!第2話「ウォーキング!」

いや、雨降るとか別に知ってたし!NHKの半井さんが「明日は冷たい雨が降るでしょう」とか言ってたもんね。だからこうして傘も持ってるし!

・・・などと強がってはみたものの、はっきり言って巡礼するには最悪のコンディション。テンションもたちまちウナギ下がりです。ただここまで来て引き下がるわけにはいきません。まずは地下鉄で宝ヶ池公園まで向かうことにします。電車ってイイネ!

ところが、電車内では座ってる僕の前で観光客らしきフランス人の集団が、つり革を握ってフラ語でずーっと何かしゃべってました。ほかにも席いっぱい空いてるのに、なんでオレの前で落ち着くの!?はたから見ると、フランス人の集団に説教されてる日本人の如し。日本なのに完全アウェイ。シ、シルブプレーーー!!(訳:助けてーーー!!)

フラ語地獄から脱出し、地下道から抜けるとそこはなんか広場的な風景。相変わらず厚い雲が空を覆っていて今にも泣き出しそうな空模様でしたが、到着した時点では雨は降っていませんでした。

junrei2_takaragaike1.jpg

ここ、宝ヶ池公園は1期の第9話「新入部員!」などで登場した場所。前回行きたかったのですが、北すぎてあえなく断念した場所でもあります。ただ、公園の敷地が広すぎて、撮影ポイントがどこなんだかワケワカメ。とりあえず、地元の人っぽい後について歩くザ・不審者。レッツ☆スニーキング!

junrei2_takaragaike2.jpg

junrei2_takaragaike3.jpg

しばらく歩くと池が見えてきました。外周はウォーキングコースになっていて、朝から犬の散歩やジョギングする人たちが結構いたり。そんな中、デジ一をぶら下げた明らかに空気の違うオレ。とはいったものの、依然としてそれらしい場所には出会えず、それこそただ散歩しに来た人状態に。外周のコースを歩きながら辺りを見回しても、オレの萌えアンテナが全く反応しません(当たり前だ)。今のところ、唯一の萌えポイントは池を泳ぐカモ。結構な数がいました。

junrei2_takaragaike4.jpg

あ、カモのほかにもアヒルがいました。

junrei2_takaragaike5.jpg

カモやアヒルに「カモにゃん」とか「アフラック」とか勝手に名前を付けながら撮影。まぁこれはこれで楽しかったですが。つーかコレ、今のところバードウォッチングレポートになってない?

あやうく趣旨を忘れそうになったところで、ようやくそれらしいポイントを発見!

junrei2_takaragaike6.jpg

junrei2_takaragaike7.jpg

なんとなくこんな感じのアングルだったかなーと、相変わらずのうろ覚え撮影。劇中カットを再現する気はサラサラナシ!あ、ちなみに今回はニコンの「D80」で撮影しています。LOMO LC-Aでも撮影したんですが、どうやらぶっ壊れてるみたいで、現像に出したら見事に何も写ってませんでした。フィルム2本も使ったのにぃぃぃぃヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

結局撮影ポイントにたどり着くまで、池をほぼ一周するほどの距離を歩いてきたことに。歩いたおかげであまり寒さは感じなくなりましたが、すでに結構な動悸、息切れを起こしているアラサー。年齢のせいというよりも運動不足が原因な気がしますが、こんなところで日ごろの不摂生を反省してても意味はないので考えるのはヤメときます。っていうかなんか雨降ってきたし。

公園はこれくらいにしてそろそろ次の場所に行こうかと、出発前にノートに記した旅の工程表に目をやると、この後もひたすら徒歩というタフボーイ。OH!こんな日程を考えたファックな野郎に神の天罰を!って、この状況がすでにアレでした


(文/写真・やっぱLOMO写真あった方がいいよね(´・ω・`)・・・亜呂真)

| 聖地巡礼 | 17:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://funny4s.blog41.fc2.com/tb.php/217-e783e571

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。