ファニーズ情報局

趣味に生きるイイオトナが、キュンってなったりグッときたりしてfunny

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あずにゃんペロペロ・ザ・ムービー

映画「ライトノベルの楽しい書き方」を観た。
全国で3館のみの上映。俺が近年観た映画の中でも
ぶっちぎりのマニアック度を誇る本作品。

原作は「電波男」でおなじみ、本田透のライトノベル。
映画の脚本は「To Heart」の高橋龍也。
主演はベリーズ工房の須藤茉麻で、
竹達彩奈や國府田マリ子なんかの声優もメインキャストで参加。

スタッフ・キャストがえらく濃い…。
どういう経緯でこの映画を作る気になったのだろう…。
もう何かなんだか分からない。

内容がどうこうというよりも、そのあまりにカオスな布陣に興味がそそられまくり。、
いったいどの層をターゲットに作った映画なんだ?
いてもたってもいられなくなって、平日に観にいってしまったよ。

そんなわけで、この映画を観に来ている客層が気になって、
上映前にお客さんどうしの会話を、それとなく聞いていました。
そうしたら「今度のベリーズ工房のイベントが云々」とか、
「竹達彩奈効果でお客さんが増えると良いな~」的な内容が聞こえてきたな。

どうやら、メインの客層はベリーズ工房ファンのようだ。
彼女が主演なわけだし、そりゃそうか…。

竹達彩奈ファンも多いのかなぁって思っていたんだけど、意外と少数派?
「ライフライン」平野綾が変な感じになっている今、
竹達彩奈は現声優界で一番エッジなアイドルだと思うわけだが、
声優ファンには今回の映画はいまいち響かなかったのかなぁ。

映画の内容はいかにも本田透が書きそうなベタベタラブコメ。
観なくても内容が分かるレベルのベタさ。
ただ、演出の妙なのか、脚本なのか、小奇麗にまとまっていて、わりと楽しく観れたんだよね。
正直、今回の映画に「面白さ」はまったく期待していなかったんだけど…。
ちょっと意外だったわ。

そんな本作の見所ポイントは、やっぱ声優が「実写で声優演技」をするところかな。
これはあえての演出意図だと思うけど、自然な演技とは正反対のアニメ演技。
それを声優本人が実写で演じてくれるわけで…。なかなかレアな映像だと思うよ。

まぁ、それも含めて「話のネタ」としてはなかなかのモノを持っている映画だったわ。
そういうネタを楽しめる人だったら、「観たこと」そのものに価値を見出せるかも。

そんな映画でした。




物珍しさでパンフレットまで買っちゃったよ。

- - ─ ─ ────藤堂にあ───── ★

| 映画 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://funny4s.blog41.fc2.com/tb.php/209-a2f1720d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。