ファニーズ情報局

趣味に生きるイイオトナが、キュンってなったりグッときたりしてfunny

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「文化部少女だいすき!」―茜色 染まる部室に メガネっ子

文化部少女だいすき!買いました。タイトルの通りワタシも大好きです、ええ。

bunkabu_daisuki1.jpg

この本は、文化部という一つのジャンルを軸に、関連アニメや漫画の紹介はもちろん、文化部で頑張る少女たちの魅力をあらゆる側面から掘り下げた一冊。運動部だった人は憧れと文化部に入らなかったことの後悔の念を、文化部だった人は思い出に浸りながらじっくりと読み進めるのが良いのではないでしょうか。

■私的「文化部少女」の魅力

ちょっと書かせて。お願いだから。

僕が惹かれる文化部少女の魅力といえば「人知れず頑張る女の子の姿」―。これに尽きます。誰もいない放課後の教室で、1人練習に励む姿は美しい。普段は口数が少なかったり、一見メガネっ子なおとなしい子でも、彼女たちが内に秘める好きなことに向ける情熱はすさまじかったりするのです。むしろ、運動部のような激しい動きが少ないからこそ、時折垣間見せる真剣な瞳や一筋の汗なんかに心を打たれたりするのです。

こうした魅力は、「ゆるゆる部活」も「ガチ部活」にも共通して言えること。特に、ゆるゆる系の部活ではそのギャップがあればあるほど良いのです。

ゆるゆる部活の代名詞「けいおん!」を例に出させていただきます。第6話の「学園祭!」。澪が部室で一人歌の練習をしているシーンがあります。いや、正確には練習している澪の姿が出るのは学園祭の演奏直前にチラッと映る程度なのですが・・・(またその演出がにくいんだな!)。

極度の恥ずかしがり屋で人前に出るのが苦手な澪は、最後まで「やりたくない」と抵抗を見せるのですが、心のどこかでは「私がやらなくちゃ」という強い責任感を感じていて・・・。普段はマイペースな唯や澪を茶化しておもしろがる律も、練習に励む澪の姿を部室のドアの外からそっとのぞいて見守るんですね。

そして扉を開けた律が一言。「待たせたなっ澪っ!!」

まるで「澪、お前には私たちがついてるぜ!」とでも言いたげな律の力強い元気な声。このシーンには、仲間同士の激しい激励の言葉もほどばしる汗なんかもないんだけど、なぜか心にキュンキュン!くるものがある。文化部の魅力がぎゅーっと詰まったワンシーンだと思うわけです。今思えば。




とまぁ、私のゴタクはこの辺にしておいて・・・。とにかく、文化部少女作品の楽しみ方が分かりやすくかつ濃厚にまとめられた完全保存版ですので、一家に一冊置いておくことをおすすめします。災害用非常袋にも1冊備えておくとなお良し!





文化部少女だいすき! (INFOREST MOOK Animeted Angels MANIA)文化部少女だいすき! (INFOREST MOOK Animeted Angels MANIA)
(2010/03/24)
たまごまご、かーず、極楽トンボ、DAI、永倉大、みやも、YU-SHOW

商品詳細を見る



(文/写真・「文化部少女だいすき!部」に入部希望の亜呂真)

| アニメ | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://funny4s.blog41.fc2.com/tb.php/131-4e7a5f18

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。