ファニーズ情報局

趣味に生きるイイオトナが、キュンってなったりグッときたりしてfunny

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

a・shi☆なげぇぇ!戸松遥さんのイベント「七色お楽しみ会」に行ってきたお!

午前10時20分

ミューレからの招待状を手に、東京・水道橋に到着したワタシ。その横には当編集部員ゼロフォーも。急な誘いだったにも関わらず、「アキバに行けるのなら望むところ(`・ω・´) 」と快く道案内役を買って出てくれました。東京のような大都会では、ワタシのような田舎モノはハムスター同然。1人ではよう歩きません。

さて、まずは招待状をチケットに交換しなければなりません。チケット引き換えは午前11時から。イベント会場となるJCBホールを探します。

東京ドーム周辺をウロウロしていると、巨人戦を観戦しに来たほのぼの家族に混じって、異彩を放つコスプレイヤーたちが。「いつの間に閉鎖空間に迷い込んだんだ、オレ!?」とか錯乱していたら、どうやら何かしらのイベントがあるみたい。結局何のイベントかはさっぱり分かりませんでしたが、とにかくすごい数のコスプレイヤーさんたちでした。

「あーなんか日本すげーなー」とか思ってると、JCBホールに到着。なんかここもすごい行列なんですけど?


ワタシ「あのー、もしかしてここってチケット引き換えの列ですか?」

係員(紳士)「いえ、ここは物販列です。引き換えの方は上の列にお並びください」


物販って12時からだよ!?つーか、やっぱりチケット引き換えも並ぶんですね・・・。確か席は先着順じゃないから早く来ても来なくても変わらないような気がしたんですけど。ちなみに、「じゃあ何でオマエもここにいるんだ!?」っていうツッコミはナシで。地方民は時間に余裕を持って行動する癖があんだよ!

tomatsu_73.jpg

自分はチケット列に、ゼロフォーには物販列に並んでもらうことにしました。すまないゼロフォー・・・。だがコミケ慣れしている君にとって、この程度の行列はセルに繰り出すミスターサタンの拳並みにかわいいものだと思うんだ。だから許せ。かくいうワタシも、昨年末のけいおん!ライブとかで大分行列に耐性が付いてきたわけですが。まぁ耐性っていうか、ただ我慢強くなっただけとも言えますが。こういう事態を想定して、読みかけの「涼宮ハルヒの溜息」を持ってきた自分をほめてやりたい。

「ハルヒに振り回されるみくちゃんがかわいそうだなー」とか思ってるうちに行列がゾロゾロと動き出しました。引き換えの結果は、アリーナ席の6列。これは結構前の方なのでは?まぁ何はともあれ、これで大手を振ってイベント参加ができるようになりました。

チケット列は、すぐさま物販列に吸収されていきます。その足取りはホムンクルスの如し。よく訓練されています。自分はすでに待機列の中のゼロフォーと合流。今度はこのまま物販開始を待つことに。ホント、我ながらよくやります。

正午、物販がスタート。ゼロフォーは巻き込まれないように列を離脱します。ワタシは迷った末、マフラータオルとサイリウム、それと会場限定のプロマイドが付くということで写真集を購入。周りの皆さんは、限定の等身大ポスターを買い込んでいました。オレンジ色のポスターケースは「真のファンの証」といったところでしょうか。

さらに、特賞付きのガチャガチャにもせっかくだからと挑戦。まぁ残念ながら当たりませんでしたが、缶バッチをゲットです。サイン入り写真集やらポスター、等身大ポップ、私物のニット帽などなかなか豪華な特典だったためか、何度もガチャガチャの行列に並びなおしているファンの姿が見受けられました。なんていうか、ボーイズビーアンビシャス!(?)

午後2時30分

tomatsu_74.jpg

開演までしばらくアキバで時間をつぶし、今度は単機でJCBホールへ。いよいよイベントのスタートです。あ、ちなみにこの時点でガチャガチャの特賞は7本中残り1本になってました。チケットは、予想通りステージから6列目、しかも中央付近のグッドポジション。15分前にはすでに会場はほぼ満員状態。収容人員が3千人なので、少なくともそれに匹敵する人が入っていることになります。

午後3時

いよいよスタート。最初はひらひらのスカート姿で戸松さんが登場すると、会場は大盛り上がり!

イベントはこんな感じで進行。

歌・「Circle」
トーク・「これまでの戸松遥のCDを振り返る」
歌・「自己中男」
トーク・「14人の戸松遥、アンケート結果発表」
歌・「七色みちしるべ」
歌・「Girls, Be Ambitious.」
トーク・「終わりのあいさつ」
歌・「motto☆派手にね!」
歌・「自己中男」(アンコール)



予定していた1時間を15分ほどオーバーする濃厚な内容でした。

まずはトーク。歴代のリリースCDを振り返るコーナーでは、歌の製作秘話を交えながら紹介。「Girls, Be Ambitious.」のシングルジャケが、通称「太陽拳」と呼ばれているのを初めて知りましたよ。アンケート発表では、戸松さん自身の予想が大はずれ。ファンからのアンケートコメントでは、戸松さんの「左ふくらはぎ」と「鎖骨」を絶賛する1票があり、「これから私のチャームポイントにします」と言って会場の笑いを誘っていました。さすが声優アワード!(?)

歌では、自分の予想を上回る6曲(「自己中男」が2回だけどね)。「自己中男」では、戸松さんがサビの振り付けを我々に伝授。「私が見本をお見せします」と言って、全力で振り付けを間違える戸松っちゃんのドジっ子っぷりに会場大興奮。さすが自称”空回り野郎”。一緒に振りをしながらの「自己中男」はかなり楽しかったです。個人的には、生「Girls, Be Ambitious.」が聴けて大満足。あと「motto☆派手にね!」の振り付けが、この日の衣装に合っていて一番かわいかったと思います。スカートがひらひらするたびに、もうその美脚が気になって気になって。すみません、踏んでもらえますか?

前回のエントリーでも書いたけど、今回の歌は全て彼女の「演技」としても楽しませてもらいました。トークも含め、戸松さんのいろいろな一面を見ることができ、まさに「七色お楽しみ会」のイベントタイトル通り。これがタダのイベントだってんだから驚きです。ノリで応募して勢いで参加したイベントでしたが、行ってよかったです。機会があればまたぜひ!

tomatsu_75.jpg


(文/写真・スフィアのライブもがんばってください。亜呂真)

| イベント | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://funny4s.blog41.fc2.com/tb.php/128-d2282964

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。