ファニーズ情報局

趣味に生きるイイオトナが、キュンってなったりグッときたりしてfunny

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

魔境のシャナナに注目

桂正和と並んで世のオトコノコに絶大なトラウマを植えつけた漫画家、玉越博幸。
ブックオフに大量に並んでいる「BOYS BE…」を見ると、
ボーイズたちの恥ずかしい過去が偲ばれて、いとをかし。

さて、そんな俺たちの玉越博幸センセイの新作、「魔境のシャナナ」が発売された。
原作は「と学会」の会長としても知られるSF作家、山本弘が担当。

単行本の裏書によると

それはまだ地球上に
秘境が存在した時代。
アマゾン可流域の
ジャングルの中で、
たった一人で生活する金髪の少女がいた―。

美少女ターザンが
縦横無尽に活躍する
ちょっぴりHな
冒険活劇、ここに開幕!


あまりイマドキではない、B級テイストあふれるSF作品なんだけど、
玉越先生の絵と合わさることによって、不思議と新鮮な感じを受けるんだよね。

逆に玉越作品として見ても、いつもの学園モノとはまた違った、
新しい作風を見ることが出来るよ。

主人公がターザンって事で、BOYS BE…で良く見かけた繊細な絵柄とは趣が異なって、
線が太くて躍動感のある「動いている絵」が多いんだよ。
むろん絵の雰囲気は変わったといっても、玉越博幸の描く独特の肉感はそのまま。
むしろ動きが多彩な分、それをより強く感じる事が出来る。
そこはもうさすがの一言です。

最後に裏書にある「ちょっぴりHな」の部分だけど、
これは玉越作品の「いつものシチュエーション」の他に、
SFらしく敵クリーチャーとのバトルでも見ることができるよ。
ま、その辺についてはぜひ自分の目で確かめて欲しい。

余談だけど「触手もの」って日本では江戸時代からある様式らしいね(笑)。

2巻は秋ごろリリース予定。要注目です。

魔境のシャナナ 1 (BUNCH COMICS)魔境のシャナナ 1 (BUNCH COMICS)
(2009/07/09)
山本 弘

商品詳細を見る


- - ─ ─ ────藤堂にあ───── ★
スポンサーサイト

| マンガ | 17:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。