ファニーズ情報局

趣味に生きるイイオトナが、キュンってなったりグッときたりしてfunny

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

じゅんれい!最終回「参拝!」(四条河原町~今宮神社)

あろまろまぁ~~(CV:豊崎愛生)。ども、アルファルファを最近植物だと知った亜呂真どす。イヨイヨ長過ぎたレポートも今回が最終回です。それではひゅいごー!


イイ感じで目的のモノやそうではないモノなどを衝動的に買い漁り、すっかりサティスファイなオレ。時計をふと見ると午後3時過ぎ。このあたりでの予定ポイントの撮影も終わっていたため、「そろそろ京都駅に戻るか」と来た道を戻り始めました。

が、なんだろうこの疲労感。すっごく体がダルいのです。マジダルビッシュ。例えるならば、水に濡れたアンパンマンの如し。これまでの旅の軌跡を走馬灯のように思い出していくと、昼飯を食べていないことに気が付きます。というか、京都に来てからほとんど食べ物を口にしていません。マックで食べたチーズバーガーが最後。あとはアイスティーとアイスコーヒーです。誰が聖地でサバイバルをやれと。「どこかで飯を食べねば!」と、手近な店を探し始めます。あれだけ欲しかった「ヤス画集 とらドラ・ピクチャーズ!」も、このときばかりはただの重りと化し、本屋のビニール袋が指にぐいぐい食い込んできます。表紙の大河が「おらおら、さっさと歩けや!この駄犬!!」と言っているような気すらします。何言ってんだああもうダメだオレ。

核の炎に包まれた世界を水と食料を求めて徘徊するが如く、とぼとぼと歩を進めていくミジメな観光客状態なワタシだが、幸いココは京都。食べ物屋なんていくらでもあります。しかし、こちらにも観光客としての意地があります。「せっかくだから京都名物を・・・」と、またしてもリバースカード「変なコダワリ」発動!!残りHPを引き換えに、京都っぽいものを探してウロツキます。ところで京都名物って何だっけ?

と、そこへ現れたこの景色。

k-on_takashimaya1.jpg
(C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部

k-on_sanjo_lomo3.jpg
撮影:LOMO LC-A

劇中でちょっとだけ登場した高島屋のある交差点です。行きも通ったような気がしますが、全く気付きませんでした。残り少ない体力を振り絞り、マジックカード「信者魂」を使用。しかし、普通のコンデジで撮影するのを忘れます。モウダメダ・・・。

「ここなら何かあるはず!」と、この交差点を渡ってすぐの駅ビルの地下街に入ると、お食事処がいっぱい。ここで目に飛び込んできたのは「たこ焼き」の文字。たこ焼き→大阪名物→大阪=関西→ここは京都=一応関西→一応名物だぜ!と、都合の良い脳内変換も完了。「キミに決めた!」とばかりに店内に入ります。残念ながら店名は忘れたけど、少なくとも「京たこ」ではなかったです(ハイ、ここ笑うトコロですよ)。お好み焼きやらたこ焼き、焼きそばが一皿に乗ったセットをチョイス。飲み物まで付いて900円とはなかなか安い!そしてうまい!!

okonomi_takoyaki1.jpg
撮影:リコーR10

近くに座ってたオバチャンが、ムチャクチャうまそうにビールを飲んでたのですごく飲みたくなったが、車だったのでおとなしくアイスコーヒーをチュルチュル。ちきしょう!何でオレ車で来たんだっ!!

体力も回復し、気分はJOJO!!軽快な足取りで再出発。5分でバテてすぐにバスに乗り込みました。いやいや違うから。元々バスで京都駅に行くつもりだったから。まぁ車内は混んでてこれはこれで疲れましたけどね。

もはや懐かしさすら感じる京都駅に無事到着。またもやこのとき、京都タワーの存在に気付きました。

kyoto_tower_lomo1.jpg
撮影:LOMO LC-A

午後4時30分ごろ、駐車場に戻って車に乗り込むといよいよ最終目的地「今宮神社」へ。ピッピッピッとナビに目的地を登録し、しばし快適な京都市内ドライブの旅がスタートです。雄雄しくそそり立つ三重塔やら五重塔やらにわき目も振らず、ひたすら神社を目指すオレ。ナビの案内通り、住宅地の中に入っていくと・・・

k-on_imamiya1.jpg
撮影:リコーR10

そびえ立つ男らしい門が出現!!間違いありません、ここが今宮神社デス!!駐車場に止めて、意気揚々と境内に足を踏み入れると、何だかシーンとした空気。さすがは神社、さきほどの街の喧騒とは違ったちょっと神々しい雰囲気に、不純な動機で訪れた若者ことバカ者は怖気づきそうになります。しかし、ここにも仲間がいたようです。オラ、まだ戦える気がしてきたぞ!

k-on_imamiya2.jpg
撮影:リコーR10

k-on_imamiya3.jpg
撮影:リコーR10

5月には「今宮まつり」という神事も行われる予定。
k-on_imamiya4.jpg
撮影:リコーR10

そしていよいよ・・・

k-on_imamiya7.jpg
(C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部

k-on_imamiya8.jpg
撮影:リコーR10

k-on_imamiya_lomo2.jpg
撮影:LOMO LC-A

本殿とご対面!!季節は真逆でも有り余る妄想力をフル駆使し、脳内はすっかり初詣モード。神社といえばまずはお参りというわけで、5円玉を賽銭箱に投げ入れ、鈴をカシャンカシャン、トゥーハンドをパンパン。何をお願いしたって?そんなのアレですよ、家内安全ですよ、ええ。まぁソレはオイトイテ。

k-on_imamiya6.jpg
(C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部

k-on_imamiya9.jpg
撮影:リコーR10

k-on_imamiya_lomo1.jpg
撮影:LOMO LC-A

本殿の両側には、おみくじを結び付ける場所があります。しかし、劇中とはだいぶ違った雰囲気。ちなみに自分もさわちゃんよろしくおみくじに挑戦。・・・「小吉」でした。笑いの神は降りてこず!!せっかくなので結んでおきました。

本殿東側には、絵馬を飾る場所がありました。

k-on_imamiya10.jpg
撮影:リコーR10

もっと近付いてみましょう。

k-on_imamiya11.jpg
撮影:リコーR10

おまえら自重しろ!だが先生はそんなおまえらが大好きだゾ!!

最後の仕事を終え、スガスガしい気持ちで境内を出ると何やらおいしそうなにおいが。ヌルヌルと近付いていくと、不審な男の接近に気付いたのか、店のおばちゃんが「持ち帰り?食べてく?」と牽制。オレはというと、思わず「食べてきます」と脊髄反射。何を食べさせられるのかもわからないまま、店の中の座敷に鎮座。とりあえずメニューを見ると「あぶり餅」とある。軒先で焼いていたのはおそらくコレのことだろうと思い、1人前(500円)を注文した。

aburimochi1.jpg
撮影:リコーR10

出てきたのは、串に刺した親指ほどの大きさの餅が15本。店の人に話を聞くと、きな粉をまぶしたおもちを炭火で焼き、白みそを使った秘伝のたれを塗ったものだという。「京都は白みそを使うからねぇ~」という言葉で、何か改めて自分が京都に来ていることを実感。ナンダソリャ。味はというと、コレがウマイ!!ほど良いみその甘さと辛さが香ばしく焼けたもちに合い、お茶にもマッチするんどす。大きさも小さいのでパクパクといけてしまいますんどす。何か違うな。

kazariya1.jpg
撮影:リコーR10

というわけで、最後はこの店「かざりや」で締めくくり。思いがけず最後に念願の京都名物に出会い、ルンルン気分で帰路に着くワタシ。京都からインターに乗るまでに軽く渋滞に巻き込まれはしたものの、大満足の聖地巡礼の旅でした。

今回、ミーハー気分てんこ盛りで購入した澪カメラ「LOMO LC-A」も大活躍。スナップのおもしろさが分かってきたような気がするよ、澪しゃん。コイツのためにも、また次の計画を立ててみようかと思います。次こそは豊郷小学校かな・・・?

最後に一言。

「じゅんれいサイコー!!」(CV:豊崎愛生)

(おわり)
スポンサーサイト

| 聖地巡礼 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。