ファニーズ情報局

趣味に生きるイイオトナが、キュンってなったりグッときたりしてfunny

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『天才ファミリーカンパニー』一巻を読む

二ノ宮知子さん作『天才ファミリーカンパニー』一巻を読んだ。

主人公の天才全国一の頭脳の持ち主は『のだめ』の千秋に似ている。主人公の母とさすらいの小説家田中荘介が結婚することから、話は展開するわけだか。随所に笑えるところがあり、流石二ノ宮さんと思わせてくれる。とにかく、田中荘介と息子田中春と、主人公の世界観の違いが笑いを生む。主人公の理想の世界とはかけ離れた価値観の持ち主の田中親子。自分の世界には関係ないと思っていた人たちが自分の世界に侵入してきて、カルチャーショックを受ける主人公の行く末は・・・。物語を読み進めるうちに田中親子の不思議な魅力も垣間見ることができ、田中春の知り合いの天才少女も現れ、果たしてどうなる天才主人公ファミリーというところで一巻は終わっている。とにかく主人公と田中親子のミスマッチが(結構お似合いのようにも見える)クスリとさせる。何か生活に飽きていたり、刺激が欲しいときに読んでほしい作品だ。続きが気になる今作は面白おかしく、読んでいて飽きさせない正にバラエティ漫画の王道のようなものになっている。ぜひ。
スポンサーサイト

| マンガ | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シーサイドストーリー「それでも町は廻っている」

それでも町は廻っている」がまさかのアニメ化!いまだに信じられない亜呂真です。

通称「それ町」は、丸子町商店街のメイド喫茶「シーサイド」を中心に繰り広げられる日常物語。あ、メイド喫茶つっても「おかえりなさいませ、ご主人さま」とかじゃないんで。「めいど!」とかだから。まぁ、歩鳥やタッツンには萌えっぱなしですけどな。

高校生でシーサイドでバイトしている嵐山歩鳥が主人公。歩鳥とゆかいな友達とゆかいな商店街の人たちがゆかいげに繰り広げるわけなんだけど、この作品は次のコマ、次のページをめくるのが本当に楽しい!歩鳥は推理小説が大好きな設定なんだけど、それ町の物語の組み立て方がちょうどそんな感じなんですよ。「イベント(ハプニング)発生→ドタバタ→解決編」といった具合。ハプニングもすごく規模の小さい「あるある」な感じなんだけど、それが思いがけないところに行ったり来たり戻ったりする過程と結末が実に面白いんだなー。

たとえば、1巻のお気に入りのエピソード。タッツンが映画の試写会を真田に誘う話。

タッツンってのは、歩鳥の友達でシーサイドでバイトしている辰野俊子。歩鳥に振り回されながらも、だんだんその扱いとツッコミが板について来た美人さんです。ちなみに”タッツン”ってのは歩鳥がノリで付けたあだ名です。彼女は、歩鳥の幼馴染の真田広章クンに思いを寄せてるんです。

soremachi1.jpg

試写会のチケットを当て、真田君を誘うつもりのタッツン。


soremachi2.jpg

しかし恥ずかしがって誘えない!あーかわいいなちきしょう!!

ここまではよくある展開。ベタベタです。

で、最終的にどうなったのか!?勇気を振り絞って渡したの?渡せずに泣き寝入り?


いえいえ、最後はこんな感じで終わるのです。

soremachi3.jpg

なんとチケットを歩鳥にあげてしまうのです。タッツン何やってんの!?いえいえ、違うのです。タッツンは歩鳥にチケットをあげることによって、バイト先のシーサイドで真田君との二人っきりをゲットしたのですよ!

soremachi8.jpg

見てください、このタッツンの表情。ああ、かわいいわ・・・。

こほん。


また、読者に向けた謎解きのような演出も石黒先生ならでは。

最新7巻51話の始まり方。

soremachi4.jpg

突然なんのこっちゃ?と思ってページをめくると・・・

soremachi5.jpg

実は歩鳥に野球のルールのことを説明していたんですね。前のコマは野球をゲームに見立てた例え話。思わず戻って確認しちゃったよ。こーゆー発想ができる石黒先生ってすげーって思います。いやマジで。


そしてもう一つ、「それ町」の魅力はキャラクターのリアルな仕草や言葉遣い。同じくこの7巻で個人的にえらくツボだったのがこのコマ。

soremachi9.jpg

左の子の「サンクス」っていう言葉遣い。何かいかにもこの子が発しそうな言葉で噴き出してしまったよ。この子はこのコマ限りのモブキャラなんだけど、たったこれだけでキャラ立ちしたような気さえするわ。

そして歩鳥。

soremachi6.jpg

「ゆべし!」とかこけたときにフツー言わねーし。でも歩鳥ならいかにも言いそうな・・・。何気なく飛び出す言葉の豊かさが、この作品の登場人物のキャラの個性や魅力をより一層引き立たせているような気がします。


なんだかいつも以上に長々と書いてしまいましたが、とにかくこんな「それ町」が、歩鳥が、タッツンが、商店街の住人たちが、ついに動いちゃうんですよ!漫画の良さを生かしつつ、生き生きした丸子町商店街の人たちを見られるのを楽しみにしたいと思います。

それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)
(2006/01/27)
石黒 正数

商品詳細を見る


(文/写真・本文では書きそびれましたがエビちゃんもかわいいよね!亜呂真)

| マンガ | 16:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私の好きな人が私を好きな人で―「ささめきこと」 6巻

この日をどれだけ待ち望んだことか!

「ささめきこと」6巻が発売されました。


sasameki6_1.jpg

以下、読み終えたばかりのあふれ出んばかりの感想。ネタばれ注意!

≫ Read More

| マンガ | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

”カミ”を書かせれば右に出るものナシ!倉田英之原作の漫画「シザーマン」

「紙」「神」と来たらあとは「髪」しかない!倉田英之センセー原作の漫画「シザーマン」を読みました。

西部劇のような開拓時代が舞台。荒野を旅する”巡回散髪人”アンディ・ライトフォールのハサミは、髪を操る魔女を刈るのです。

素早いハサミさばきは、銃弾をCUT!魔女の首もCUT!そしてもちろん、麗しき女性の髪もCUT!!アンディにかかれば、ハサミで女性も昇天しちゃいマス。こんなにエロスな散髪シーン、ワタシは見たことありません。

見所と言えば、まずはたもりただぢ先生の描くスピード感あふれるバトルシーン。内藤泰弘先生の作品にも登場しそうな、ハサミ型の巨大武器を振り回すド派手なアクションにも注目です。加えて、セリフの随所に散りばめられた倉田節ともいえる「言葉遊び」が、この作品をより一層個性的なものにしています。

この作品は本誌(チャンピオンRED)では読み切り作品だったようで、ストーリーは消化不良なまま終わってしまっています。文字通り「切れ」のある倉田先生らしいアクション漫画だっただけに大変残念!連載作品として復活することを祈るばかりです。


シザーマン (チャンピオンREDコミックス)シザーマン (チャンピオンREDコミックス)
(2010/01/20)
倉田 英之

商品詳細を見る



(文・倉田原作漫画だとサムライジがオススメ。亜呂真)

| マンガ | 17:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あったかせつない「FADE OUT」

人生初のインフルエンザ検査をしてきました。まぁ陰性でしたが。どうも、意外と体は丈夫な亜呂真です。でも結局風邪で2日間寝込んでました。

ヤミアガリな体で立ち寄った本屋で、思いがけずいけだたかし先生の新刊2冊を発見!もちろん即購入ですよ。どうやら、ささめきこと連載前の作品の復刻版のようでした。

「FADE OUT」
あらすじ:
市立宇垣中学校三年生の女の子、阿賀野こかげはなんと「幽霊族」の末裔であった。十四歳の誕生日をきっかけに、一族の「力」に目覚めた彼女の日常には、その「半身半霊」の力を巡って今日もあれこれと事件が起きる。いけだたかしが贈る、「想い」を描くほんわかファンタジー、癒し系です。

半身半霊ゆえ、感情が高ぶると体が消えかかったり宙を浮いたり残留思念に取り付かれたりとトラブルが絶えないわけだが、最後にはハッピーエンドで迎えられるハートウォーミングストーリー。どうしていけだたかし先生の描く家族やクラスメイトって、温かい人たちばかりなんだろう・・・。正直、2回泣きそうになりましたヨ、エエ!

FADE OUT 1 (MFコミックス アライブシリーズ)FADE OUT 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2009/11/21)
いけだ たかし

商品詳細を見る


(文・表紙と中の絵が違うのはよくあることです。亜呂真)

| マンガ | 20:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。